不動産証券化と法律

不動産証券化ということが近頃注目をされ始めています。不動産証券化というのは、不動産を一種の金融商品と見立てて販売することを言います。不動産証券化には、発行する側と投資をする側両方ともにメリットがあるとされています。
まず不動産証券を発行する側にとっては、より多くの出資者を募ることができるようになります。不動産というと、どうしても値段が高くなります。そのため、取引できる人はごく限られていました。しかし証券化をすることによって、小口化することができます。このために広く浅く資金を集めることが可能となるわけです。

出資者にとっても不動産証券化にはいくつかのメリットがあります。まずはまったく異なる金融商品を購入することができるところにあります。
リスクマネージメントをするためにはどうしても毛色の異なる商品を組み合わせた方が、損失を出しづらくなります。不動産という、まったく新しい分野に投資をすることで、リスクの管理がしやすくなるわけです。

また配当をより確実に受けることができるところも、不動産証券化のメリットということができます。不動産の場合、家賃収入に期待が持てます。
家賃収入はほかの投資法と比較して、どんな景気の状況にあっても収益が上がります。このため、資産運用の観点からは、より確実な方法ということができるわけです。

ところでこの不動産証券化についてですが、関連する法律体系というものがいくつかあります。特に不動産マーケットと金融マーケットという、2つの独立したマーケットがかかわってきますから整理してみていく必要があります。
そこでここでは、不動産証券化にかかわる法律体系についていくつか紹介をしていきたいと思います。